『なぜ日本はフジタを捨てたのか? 』富田芳和

埋もれていたフジタの資料

藤田嗣治、フランスに帰化した後の名、レオナール・フジタを知らない人はいないだろう。彼が、なぜレオナールを名乗ったのかについては、それに触れた文献はないようだけれども、私はひそかに、レオナルド・ダ・ヴィンチを意識していたのではないかと思っている。

よく知られていることだが、彼はフランスの地で名を挙げたのち日本に帰国して我が国の画壇で活躍するつもりであった。しかし第二次大戦中、軍部に協力して戦争画を多く描いたことから、公式には戦争犯罪人と指名されたわけではないにもかかわらず、また、当時の著名な画家たちには戦争画を描いた者が多数いたにもかかわらず、彼だけが、おそらくフランスにおける彼の名声をやっかんだ者たちによって指弾され、日本洋画壇に嫌気がさして、二度と日本に戻らぬ気持ちで海外に出たのである。

はじめに彼は、アメリカで仕事をする気であったようである。しかし、画廊での個展が成功したにもかかわらず、彼をファシスト呼ばわりするアメリカ画壇の一部の連中(べン・シャーン、国吉康雄など)の妨害にあって、「アメリカにいても面白くない」と、結局、フランスに永住する決意をする。このアメリカ行き、フランス行き、ともに敗戦直後の我が国では、個人の力では難しく、GHQの関係者、フランク·シャーマンなる人物の助力を受けたのであった。

フジタについてこれまで書かれた文献では、このフランク·シャーマンについて詳しく触れたものはなかったところ、このたび静人舎から、富田芳和氏によって『なぜ日本はフジタを捨てたのか?』が出版された。著者は、伊達市に埋もれていたシャーマン・コレクションを発掘し、これまで知られていなかったF・シャーマンという人物に光を当ててフジタとの関係を詳細に叙述している。それだけではない。フジタ排斥の背後にいた梅原龍三郎、安井曽太郎など、あるいは横山大観の戦争責任などにも言及し、さらには、巨匠と呼ばれる日本の洋画家たちの我が国だけでしか通用しない評価などにも辛辣な筆を揮っていて、日本洋画壇の裏面史ともいうべきものとなっている。以下に、本書の帯に書かれているところを引用しよう。

「絶体絶命の世界的画家を救った一人のアメリカ人がいた。フランク・エドワード・シャーマン。しかし、その名は日本の戦後史から塗り消されてしまう。日本人が目を背けてきた不都合な真実が、秘蔵資料から今明らかになる。」

個人的なことながら、私は、フジタの最後の作品である、ランス郊外の「ノートルダム・ド・ラ・ペー」のフレスコ画を見たことがある。多くの聖人たちに混じって、フジタ自身も描かれているが、その顔はどこか寂しそうであり、帰化しても、キャソリックになっても、フジタは日本人であることを捨てられなかったのではないか、との印象を受けたのであった。(平井一雄)

「『なぜ日本はフジタを捨てたのか? 』富田芳和」への1件のフィードバック

  1. フランク・シャーマンというアメリカ人が、戦後の日本の画壇にこんなに影響した人物は思わなかった。
    まさに戦後の小泉八雲というべき人物だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です